マンションガス設備工事の際の注意点とは?

 

マンションに必要な設置工事にもいろいろあり、ガス設備工事もその1つです。ガスはマンションのガスコンロの使用など生活に必要な設備となっているので設置が大事ですが、設備工事の際には注意しておくポイントもあります。どのような点に注意しておくべきでしょうか。



・マンションのガス設備工場の際の注意点



マンションのガスガズ設備にはガス管、ガス給湯器、ガス漏れ警報装置などいろいろありますが、それらの設置の際には注意しておくべきポイントがあります。どのような点を注意しておくべきなのか以下の点をご覧ください。



【埋設ガス管の更新工事】


埋設ガス管はマンションの敷地内であれば、ガス交換をするときにマンション側が人の負担を行います。また、ガス交換の際に白ガス管を使用しているなら、ポリエチレン管、カラー鋼管、ポリエチレン被覆鋼管の内どれかに交換をする必要があります。


白ガス管は亜鉛メッキが剥がれてしまい腐食してしまう可能性があるからです。交換する管の種類に注意するようにしましょう。



【ガスの給湯器は10年が目安】


ガス給湯器も古くなれば交換する必要がありますが、大体交換の目安は10年ほどになります。もちろん10年を経過していなくても異音や温度が正常に表示されないなどの不具合が生じるなら修理や交換を行う必要があります。


季節の中では特に冬は気温が寒くなることも影響して、劣化していると壊れやすくなるようなので注意しておきましょう。



【ガス漏れ警報装置は5年ほどが目安】


ガス漏れ警報装置はガス漏れがあることを知らせてくれる機器ですが、これも経年劣化によって故障してしまいます。大体5年ほど経てば劣化してしまい、少しのガスで過剰に反応したりガス漏れしてなくて突然警報器が鳴ることもあります。


誤作動が頻繁に起こるようであれば既に劣化しているので交換するようにしましょう。



マンションガス設備工事の際は交換する部品の耐用年数と目安について知っておきましょう。しっかり把握しておくことでマンションのガス関連の工事はスムーズにいくはずです。