新築マンションにエアコンを取り付ける前に知っておきたいこと・確認しておきたいこと

新築で分譲マンションなどの自宅を購入した場合、最初からエアコンが設置されていないことが一般的です。


マンションに付属するものを極力抑えることで、販売価格を下げることができるためより購入につながりやすいという売り手側の思惑もあるでしょう。


ですが多くの場合、エアコンの設置の選択肢を自由に与えるという目的があるのです。


エアコンを持ち込んで設置を検討している人や、使うならここのメーカーと決めている人もいるかも知れません。


ニーズを汲み取り、エアコンを設置せずに販売をしていることが多いのだとわかると納得ですね。


そしてエアコンを新規で用意するとなると必ず発生するのがエアコンの設置です。


今回は新築マンションにエアコンを取り付ける前に知っておきたいこと・確認しておきたいことという内容でおまとめしていきます。


正しくエアコンの取付を行うことで、新築マンションライフを快適に送りましょう。




・そもそもどんなエアコンをつける?


エアコンを設置するといってもその種類によって方法や仕組みがまるで違います。



種類別に2パターン紹介します。



【外つけエアコン】


エアコンと聞くとまず一番に想像するßのがこの外つけエアコンでしょう。


家電量販店でも多くの取り扱いがあり、エアコンを設置している家庭にあるのもおそらくこのタイプだと思います。


新築マンションも例外ではなく、外つけエアコンが選ばれることが多いです。


埋め込みエアコンに比べて本体の購入費や、設置にかかる費用も安くなり性能も申し分ないものが取り揃えられているため迷ったら外つけエアコンを選択すると良いでしょう。




【埋め込みエアコン】


埋め込みエアコンは名前の通り本体が埋め込まれているエアコンです。


室内に配線が出ていないので空間がスッキリと見えるほか、吹き出し口が4方向についており同時に風を送り込むことができるため、効率的に空気を循環させることが可能です。


しかし、埋め込みエアコンは専門業者によるマンションの構造や現状の確認が必要になるため作業に取り掛かるまでの工程が多く、外つけエアコンに比べて本体の購入費や工事費が割高になる場合が多いです。


また、設置が可能と判断されても工事を開始するために管理側に工事の許可をもらう必要がある場合もあるため注意が必要です。




・エアコンの設置条件


エアコンの種類についてわかった所で次に確認をする必要があるのがエアコンの設置環境です。


希望のエアコンを設置することができるのか、場所はどの位置なら可能なのか。など、確認が必要な事項があるため6点紹介します。



1.配管用の穴(エアコンスリーブ)の確認


エアコンと室外機を繋げるための穴をエアコンスリーブと言います。


絵鉄筋コンクリートで作られたマンションは後から穴を開けることが難しいため、あらかじめ配管用に穴を設置していることが多いですが、エアコンスリーブが設置されてない場合エアコンの設置は絶望的です。


また、エアコンスリーブが設置されている場所と設置をしたい場所が離れている場合は、通常よりも配管を長くする必要があるためオプション工事費がやや高くなる場合があるため併せて注意が必要です。



2.エアコンコンセントの確認


エアコンを設置する予定の場所にコンセントがあるか確認を行いましょう。


基本的には100Vのコンセントで問題はありませんが、容量4.0KW以上などの容量が大きいタイプのエアコンを使用する場合には200V用のコンセントが必要です。


コンセントの容量変更には追加工事が必要になるため、工事費用がかかることを把握しておきましょう。



3.分電盤で契約しているアンペア容量、エアコン専用回路の有無


分電盤を確認して、アンペア容量とエアコン専用の回路が用意されているのかを把握しておきましょう。


最低でも30A(アンペア)の容量が必要と言われており、家電の消費電力次第では契約内容を変更しなければならない場合があります。


また、エコアン専用回路があるのかどうかも併せて確認が必要です。もしも専用回路が用意されていない場合は、別途オプション工事にて回路の増設が必要となります。



4.室外機置き場の広さ確認


エアコンの購入を行うと必ず必要なのが室外機の設置です。


室外機のサイズはエアコンの容量により変わってくるので、購入する際には室外機のサイズ確認も忘れずに行いましょう。


ベランダなどに設置を行う場合は出入り口の邪魔にならないことはもちろん、そもそもおけるスペースがあるのかどうかも見ておきましょう。



5.エアコンが設置できる壁かどうかの確認


外つけエアコンの場合、必ず確認する必要があるのが設置したい箇所の壁です。


室内から見ると壁はどこも同じように思えますがその材質には違いがあり、主に石膏ボードの部分と鉄筋コンクリートの部分があります。


石膏ボードの部分であればエアコンの設置は可能ですが、鉄筋コンクリートの場合はエアコンの設置は難しいでしょう。鉄筋コンクリートはマンションの共用部分とされている場合が多く、壁への取付に必要なビスを自由に打ちつけることができません。


もしどうしても希望をするという場合は、事前に建物の管理会社に工事を行う許可をもらう必要があります。



6.エアコンが設置場所の広さに適しているのかを確認


エアコンには、8畳や12畳といった広さに対して適正に性能が発揮される目安を定めています。


例えば、リビング・ダイニング・キッチンが吹き抜けでつながっているような場合。合計で16畳だとすると最低でも16畳の広さに対応する性能を持つエアコンを購入する必要があります。


また、エアコンの性能を確認するときに「8〜12畳」という表記があります。これは8〜12畳の部屋なら対応しているエアコンのことを指していますが、小さい方の数字が木造物件で大きい方の数字が鉄筋コンクリート物件の物件に適正があるという意味になります。


そのため、12畳の木造物件に住んでいる場合は小さい方の数字が12畳以上のものを購入することが望ましいため、購入の際には注意するようにしましょう。




・エアコンの購入先による違いは?


エアコンを購入するとなると、まず初めに思い浮かぶのが家電量販連だと思います。


新築マンションにはエアコンが備え付けれれていないため、購入をする必要がありますが、どこで購入するのが良いのでしょうか。




購入先を3つ紹介いたします。



1.販売会で購入


新築マンションを販売する際、多くは屋内のオプションなどを紹介する販売会を行います。


その際にエアコンの購入を行うことが可能なため、実際に家を見ながら検討ができ、尚且つ先ほど紹介した6つの確認を行う必要がないため比較的楽に手間要らずの個運輸が可能です。


販売会で購入を行うと、マンションに入居を行う段階ですでにエアコンの設置も済んでいることもメリットと言えるでしょう。


反面、販売会で紹介される商品は家電量販店で購入を行うよりもやや高くなる傾向があります。



2.家電量販店で購入


多くの人が頭に浮かぶのが家電量販店でしょう。


家電量販店は、実物が展示されていうため実際に設置をするエアコンを見ながら複数の製品を比較することが可能です。


また、家電量販店には独自の保証制度が設けられており、メーカー保証の1年+αの長期保証が得られるのも安心できるポイントです。


ただし工事の見積もりが曖昧であったり、工事日の時間指定が難しい部分は注意が必要な点です。


家電量販店で購入したエアコンはそのまま工事の依頼も可能ですが、工事に必要な設置箇所や配線の長さなどは実際に現地で確認をしないとわからないため店頭の見積額はおおよその概算で見積もり額を提示されることとなります。


また、時間に関しては工事日を定めて時間は前日か当日に連絡というパターンが多くあります。新築マンションともなると、同じように依頼を行う人が複数いるため搬入がなかなか進まないという事態にもなりかねないため注意しましょう。



3.ネットショップで購入


エアコンの購入はできるだけ安価に抑えたいという場合には、ネットショップでの購入がお勧めです。


ネットショップ上には、少し前の型式のエアコンの扱いがあるほか、店舗を持つ費用がない分エアコン本体の価格が抑えられており比較的安価に購入ができる可能性があります。


ただし、ネットショップはエアコンの販売に特化しているため工事は自分で手配を行う必要があります。


購入元と工事の依頼先が別々だと、商品の不具合が発生したときにどの段階からだったのかが曖昧になるため責任の所在が定まらない場合も考えれます。


また、家電販売のネットショップは購入から期間を開けて発送される場合も多く、余裕を持って早めに購入をすることが必要になります。



・まとめ


今回は新築マンションにエアコンを取り付ける前に知っておきたいこと・確認しておきたいことという内容でお伝えいたしました。


購入時に注意すべき6点と購入先を選ぶ3点をしっかりと抑えることで、失敗を回避することが可能です。


エアコンについて不安な部分は、そのままにせずに販売元やエアコンを取り扱う専門の業者に相談することをお勧めいたします。


ポイントを抑えて、新築マンションの購入を最後まで納得のいくものにしましょう。



《この記事を書いた人》

菜花祐樹 YUUKI NABANA

株式会社菜花空調 代表取締役

2004年創業、東北宮城県を中心に空調設備工事・ガス設備工事を主体

に設備工事業全般の事業に携わる。







菜花空調では、経験や技術に基づいた最適なご提案が可能です。「菜花空調」はそうしたプロの業者の1つです。宮城県エリアのあらゆる場所のエアコン、ガス、水道、給湯器等の工事を手掛けてきました。誠実な対応と確かな技術力で地域の皆様からの信頼を獲得しております。仙台をはじめ宮城県の工事の際は、ぜひ「菜花空調」にお任せください。


<お電話でのお問い合わせ>

0800-800-4787(通話料無料)


<ガス給湯器交換工事はここがおすすめ!仙台の優良業者ランキング5社!>

菜花空調は仙台でガス給湯器やガスコンロを依頼できる会社はココ!!にて

ランキング1位になりました

https://gaskyutouki-sendai.info/ranking/nabana-kuuchou/


+ + + + + + +

LINE@で、最新チラシや割引情報など、お得な情報を随時配信しています。

友だち登録してくれた方にはさらに、「お得なクーポン」をプレゼント中!

ぜひ友だち登録してください。


▼スマホの人は下記のURLをタップ

https://line.me/R/ti/p/%40tha9118d


▼ID検索でのご追加はこちらから!

@nabana-kuuchou