火垂るの墓 と 終戦

 

こんばんは。火垂るの墓観てました…。


初めて観たのは小学生の頃の授業の時。

今見ても心が痛む映画です。


兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に戦火の下、親を亡くした14歳の兄清太と4歳の妹節子が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描きそして、愛情と無情が交錯する中、蛍のように儚く、消えた二つの命の物語。


戦争を知らない私達でも

戦争の悲しさと悲惨さが伝わる物語でした。


久々に

テレビ 見入っちゃいました。


そんな感じの余韻が残る今日の夜でした。


戦争はずっと無ければいいですね。


絶対。