何年使ったら交換時期?~給湯器の寿命を延ばす4つの方法~

 

皆さんこんにちは、宮城県仙台市で空調工事やガス工事を行なっている株式会社菜花空調です。

今回は、寒くなるにつれて大活躍する「給湯器」の、交換時期、耐用年数についてご紹介したいと思います。





環境や使い方で大きく差が出る給湯器の耐用年数

普段、当たり前のように使っている給湯器ですが、この設備にも家電と同様に寿命があります。

一般的には8年~13年程度と言われていますが、これはあくまでも目安に過ぎません。

使い方や頻度、環境によって、もっと短くなることもあれば、15年以上問題なく使えることもあります。


つまり、給湯器の寿命は「8年以下~15年以上」ということですが、あまりにも幅があります。

ここまで幅があるのは、やはり環境や使い方で差が出るためです。


費用のこともありますので、できることなら給湯器は長く使いたいものですよね。

そこで、給湯器の寿命を伸ばす方法を、4つご紹介します。





給湯器の寿命を延ばす4つの方法


入浴剤を入れたら追い焚きしない

「追い焚き」とは、沸かしたお湯を再び給湯器に循環させて温める機能のことです。(給湯管に入浴剤の成分が付着し、詰まる)

入浴剤のなかには硫黄、酸、塩分を含むものがありますが、これらが追い炊きによって給湯器の配管を通ります。

すると配管が硫黄や酸に反応して、劣化を促進してしまいます。


また濁るタイプの入浴剤の場合は配管に成分が沈殿し、熱交換器内で局部沸騰を起こして寿命を短くしてしまいます。


こうしたダメージを与えないためにも、できれば入浴剤は使わない方が良いでしょう。

入浴剤の説明書きに「浴槽を傷めない」といった表示があるものでも、追い焚き機能は使わないことをおすすめします。




フィルターを定期的に掃除する

給湯器へつながる浴槽の穴の部分に、フィルターがあります。

このフィルターは髪の毛などのゴミが入らないように、目が細かくなっています。


そのため詰まりやすいのですが、詰まったままだと追い焚きの際に循環不良を起こして、追い焚きができなくなります。

また「うまく追い焚きできない」ということで何度も追い焚きを繰り返すと、給湯器に無駄な負荷がかかり、給湯器の寿命を縮めてしまいます。




排気口付近のスペースを十分に取る

ガス給湯器の排気口周辺は、排気ガスが滞留しないように60cm以上のスペースを開ける必要があります。

十分なスペースがないと排気ガスを吸気してしまい、不完全燃焼を引き起こします。

また、排気ガスに含まれる硫黄成分が機器内部で腐食性の酸となり、部品や配線を傷める原因となります。


もし、植栽の成長やお隣さんが物置を置いたなどでスペースが確保できなくなっていたら、排気カバーの設置をオススメします。

排気カバーは排気の方向を変えて吸排気をスムーズにしますので、給湯器が正常に運転できるようにしてくれます。




8年を過ぎたら定期点検を行なう

給湯器に使われている基盤や部品は消耗品です。

普通の使い方をしていても、ガス給湯器を設置して5年以上たてば部品は摩耗してしまいます。

そのため、使い始めて8年を超えた給湯器は、一度業者に点検してもらうことを強くオススメします。


数多くの給湯器をメンテナンス・修理をしてきた経験からも、「8年以上使っている給湯器は、いつ寿命がきてもおかしくない」ということが言えます。


さらに注意しておきたいのは、10年以上経つと、メーカーが交換部品が製造し終わっている恐れがあることです。

「部品がないから修理ができない」という事態を避ける意味でも、やはり8年経ったときの業者点検が、結果的に給湯器の寿命を伸ばすことにつながるのです。



いかがでしょうか。

給湯器の寿命を延ばす方法、ぜひご家庭でも実践してみてください!



なお、菜花空調オススメの給湯器は、パロマ社製です。

今ならお得な割引も実施しています!

詳細は当社まで、お気軽にお問い合わせください。


<メールでのお問い合わせ>

http://contact.nabana-kuuchou.com/

<お電話でのお問い合わせ>

0800-800-4787(通話料無料)