食器洗い乾燥機は、ここまで導入しやすくなりました!

 



皆さんこんにちは、宮城県仙台市を中心に水まわりのリフォームやガス・空調工事を行なっている株式会社菜花空調です。


キッチンをリフォームするときに、多くの方が導入をご検討される「食器洗い乾燥機」。

日本では2016年に普及台数が約1450万台を超え、普及率は28.4%となりました。


しかしこの数字、実は欧米各国と比べると、大幅に低い数字なのです!

たとえばオーストリアの食器洗い乾燥機の普及率は84%。

一番低いアメリカでさえ、69%と、軒並み70%を超えています。


(パナソニック調べ)


つまり、日本では食器洗い乾燥機の普及率はまだまだ発展途上。

これにはさまざまな要因が考えられますが、ひとえに、そのメリットが周知・受け容れられていないことが言えると思います。


そこで今回は、食器洗い乾燥機のメリットについて、取り上げたいと思います!



■ほとんどのキッチンに、後付け・入替えができます!




「食器洗い乾燥機を導入したいけど、スペースの関係で入れられない」

「配管の規格が合わず、新しいものに交換できない」


かつてはそんなこともありましたが、今は接続パーツが豊富にそろい、ほとんどのキッチンで後付け・入替えが可能です。


今の食器洗い乾燥機が故障してしまったり、使いにくくて大容量タイプに変更したい場合でも、今入っているメーカーと異なるメーカーの機種に変更したい場合でも、何の問題もなく入れ替えできます。


もちろん、食器洗い乾燥機が付いてないキッチンでも、カンタンにビルトインできます。



■驚異的な洗浄力で、雑菌も汚れもキレイに落ちる!




手洗いと圧倒的に異なるのが、何といっても洗浄力。

その大きな要因は、


・80℃の熱いお湯による洗浄

・強力な洗剤が使える

・高い水圧による噴射


といったことがあげられます。


たとえば、牛や豚の脂が溶ける温度は50℃弱、たいていのばい菌も60℃で滅菌できるといわれています。

手洗いの場合はそこまで高温では行なえないため、どうしても完璧に落とすことができず、必要とあらば熱湯をかけたり、漂白で漬け置きしたりする手間がありますが、食器洗い乾燥機の場合は80℃。

ヌメリから雑菌まで、しっかりと落とし切ります!



また洗剤では、手洗い用は「手荒れ」を防ぐために強力な成分にはできませんし、長持ちするきめ細かな泡にする必要もあります。

一方の食器洗い乾燥機では、手荒れ対策が不要で、泡立ちも不要。

純粋に汚れを落とすことに専念した強力な成分にできるのです。


さらに、「こすって汚れを落とす」のではなく「高い水圧でまんべんなく汚れを落とす」ため、キズも付きにくく、落として割る恐れもありません。

ガラスがキズで曇ることもありませんし、カップの取っ手部分などの複雑な形状の部分でも、しっかりと汚れが落ちます!



■節水できてエコロジー



家族4人分の食器を手洗いすると、1回あたりで使うお水(お湯)は75程度と言われています。

これが食器洗い乾燥機の場合、ほとんどの機種で8~10程度。

食器の量が少ないときは水の量も減らせるので、もっと少ない水量で済むときもあります。


これが毎日2~3回となると、年間ではとんでもない水量の違いになり、電気代を入れても年間24,800円の節約になるとの試算もあります。


なお、ひと昔前には、食器洗い乾燥機に入れる前に汚れをある程度落とす「予洗い」が必要でしたが、今や技術が進歩したので不要になっています。





いかがでしょうか。

手洗いと比べて、圧倒的にメリットのある食器洗い乾燥機。

今のキッチンについていない方も、今の食器洗い乾燥機が交換できずにあきらめていた方も、ぜひ、導入を検討してみてください!



なお、水まわりのりフォーム工事を得意とする菜花空調では、各種メーカーの食器洗い乾燥機を取り扱っております。

新設・取替工事のほか、点検・メンテナンスなども承っておりますので、導入をご検討されたい方、機種の調子を確かめたい方は、ぜひ当社までご連絡ください!


<メールでのお問い合わせ>

http://contact.nabana-kuuchou.com/

<お電話でのお問い合わせ>

0800-800-4787(通話料無料)


LINE@で、最新チラシや割引情報など、お得な情報を随時配信しています。

友だち登録してくれた方にはさらに、「お得なクーポン」をプレゼント中!

ぜひ友だち登録してください。


▼スマホの人は下記のURLをタップ

https://line.me/R/ti/p/%40tha9118d


▼ID検索でのご追加はこちらから!

@nabana-kuuchou