ユーザー満足度92%(!)三菱電機「ズバ暖霧ヶ峰」

 



皆さんこんにちは、宮城県仙台市を中心にエアコン・空調工事、水まわりのリフォームやガス工事を行なっている株式会社菜花空調です。


ここ宮城県でも、冬の寒さはかなり体に堪えますね。

暖房といえば、パワフルな石油ファンヒーターを使われている方も多いかと思いますが、最近のエアコンも相当技術が進み、どのメーカーもかなりパワフルです。


今回はその中から、三菱電機の寒冷地専用エアコン「ズバ暖霧ヶ峰」をご紹介しましょう。



■スバ暖霧ヶ峰が支持される3つのポイント




三菱電機は寒冷地用エアコン「ズバ暖霧ヶ峰シリーズ」を販売して10年。

その間、快適性や光熱費などで年々技術革新を進めてきました。

現在では同シリーズの購入者の約92%が、「満足している」と答えるに至っています。


この高い顧客満足度には、主に3つの理由があげられます。


1.外気温が-20℃でも、55℃の温風を吹き出し




通常、エアコンは外気温が下がれば下がるほど、能力が下がってしまいます。

「ズバ暖霧ヶ峰」なら、外気温が-15℃でも吹き出し60℃、-20℃でも55℃の温風をしっかりと吹き出すことが可能です。




外気温が-15℃のときの最大能力を見ても、7.2kwを維持。

これは「低温暖房能力」といいますが、「ズバ暖霧ヶ峰」は、この能力がズバ抜けているという裏付けになります。



2.室温5℃から20℃へ、15分!




寒いときに一番気になってしまうのは、スイッチを入れてから部屋があたたまるまでの時間。

「ズバ暖霧ヶ峰」の場合は、室温5℃が20℃になるまで15分。

大容量コンプレッサーの搭載により、エアコンなのにすぐにあたたまります。




そしてエアコンで困るのが、暖房の途中で30分~90分おきに温風が止まってしまう「霜取り運転」。

「ズバ暖霧ヶ峰」では最大150分の長時間連続運転が可能なので、霜取り運転は部屋が十分暖まってから。

不快な思いはしません!



3.その他、寒冷地仕様ならではのエコで快適な機能が満載!




暖房能力が向上すると光熱費が心配になりますが、「ズバ暖霧ヶ峰」では、逆に消費電力は年々下がる一方。

省エネできて、家計にもやさしいのが特長です。


また、人のいるエリアを無駄なくあたためる「ムームアイ」、窓からの冷気遮る「冷気カット暖房」、ドレン水の凍結による効率低下を防ぐ「凍結防止ヒーター」など、寒冷地ならではの快適な暖房用機能が満載です。





いかがでしょうか。

ますます進化が進むエアコンの暖房。

燃料の補給の手間やメンテナンスのほか、一酸化炭素中毒の心配もなくなるなど、エアコンならではのメリットもたくさんあります。

冬が本格化する前に、ぜひ一度、ご検討ください!



なおエアコンや空調工事を手掛ける菜花空調では、さまざまな暖房器具を取り扱い、ご予算や暮らしに合わせた最適なご提案、万が一のトラブルでも迅速に駆け付ける万全のメンテナンス体制などを強みとしています。

エアコンの暖房をご検討の方は、まずは当社までご相談ください!


<メールでのお問い合わせ>

http://contact.nabana-kuuchou.com/

<お電話でのお問い合わせ>

0800-800-4787(通話料無料)


LINE@で、最新チラシや割引情報など、お得な情報を随時配信しています。

友だち登録してくれた方にはさらに、「お得なクーポン」をプレゼント中!

ぜひ友だち登録してください。


▼スマホの人は下記のURLをタップ

https://line.me/R/ti/p/%40tha9118d


▼ID検索でのご追加はこちらから!

@nabana-kuuchou