水を変えれば、家族の「おいしい」が増える

 



さて、暖かくなるにつれて、桜の開花が楽しみになってきましたね。もうすぐお花見シーズンということで、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

白石城や白石川堤の満開の桜の下で、「初かつお」や「せり」などの旬の食材をおかずにおにぎりを頬張る……。想像しただけで、思わずよだれが出てきそうです。


やっぱり美しい景色だからこそ、おいしいごはんを作りたいところですが、皆さまはお米を炊く際になにか工夫をしていますか?


「研ぎすぎない」や「土鍋を使う」など、人によってこだわりがあると思いますが、今回はお米のレベルを上げるために「お水を変えること」をオススメします。



■浄水器を使って、もっとお得に、もっと美味しく


一般的に水道水を使ってお米を炊く家庭が多いと思います。でもやっぱり水道水って、悪臭がしますし不純物が含まれていそうで、体に良くないイメージがありますよね。


しかし日本の水道水は、世界的にも高い評価を受けるほど安全性が高いのです。


実は独特のにおいは消毒用の塩素のせい。塩素を完全に取り除けば、水道水のミネラルと硬度はミネラルウォーター並みになるのです。


そこで塩素を除去するための手段として「Takagi 蛇口一体型浄水器」を紹介します。


1. テニスコート96面分の浄水カートリッジ



「Takagi 蛇口一体型浄水器」を薦めたい1つ目の理由は「高性能だから」です。

塩素を除去してくれる浄水カートリッジの壁面面積は、なんとテニスコート96面分。カルキ・カビ臭をしっかり吸着してくれます。


塩素が完全に取り除かれるので、もちろんお料理も格段に美味しくなるんです。


浄水前と浄水後の料理を比べてもらったところ「煎茶の旨味・キレが上がった」「かつおだしの旨味・コクが上がった」「ご飯の甘味・旨味が上がった」と100人中95人が味の変化を感じるほど、はっきりと変わりました。





2. 取り換えるだけできちんと節水


2つ目の理由は「お得だから」。

「おいしいものは食べたいけど、浄水器って費用がかかりそう……」という方も安心してください。「Takagi 蛇口一体型浄水器」に交換するだけで水量は月々250リットルも減少。導入前に比べて約20%も節水でき、光熱費は年間10,100円もカットされます。


また5年ごとの本体無償交換まであって、いつまでもミネラルウォータークラスの水を使えるんです。

永く使えば使うほど、お得になります。



■まとめ

高性能かつランニングコストも安いtakagiの「蛇口一体型浄水器」。

交換すれば、お花見シーズンどころか、これから先の食事がワンランクアップすることは間違いありません。


お悩みごと、お困りごとがあれば、菜花空調へお気軽にご相談ください!



<メールでのお問い合わせ>

http://contact.nabana-kuuchou.com/


<お電話でのお問い合わせ>

0800-800-4787(通話料無料)


<配管工事はここがおすすめ!仙台の優良業者ランキング5社!>

菜花空調は仙台で配管工事やプラント工事を依頼できる会社はココにて

ランキング3位になりました

https://gaskyutouki-sendai.info/ranking/nabana-kuuchou/


+ + + + + + +

LINE@で、最新チラシや割引情報など、お得な情報を随時配信しています。

友だち登録してくれた方にはさらに、「お得なクーポン」をプレゼント中!

ぜひ友だち登録してください。


▼スマホの人は下記のURLをタップ

https://line.me/R/ti/p/%40tha9118d


▼ID検索でのご追加はこちらから!

@nabana-kuuchou