寒冷地仕様エアコンとは

 

昨今では「寒冷地仕様エアコン」と聞いてピンとくる人も、多くなってきたかと思います。


ですが、言葉は聞いたことあるけど


● 寒冷地ってどこ?

● 通常エアコンとの違いは?

● 寒冷地仕様エアコンのメリット・デメリットは?


と、いろいろな疑問もあるかと思います。


そこで、今回は「寒冷地仕様エアコン」について解説しますね。



●そもそも寒冷地とは


まずはじめに「寒冷地とはどこなんだ」という疑問があるかと思います。

簡単にいうと、冬の寒さが厳しい地域をいいます。

日本でいうと、北海道・東北地方や日本海側の北陸地方、長野県などが寒冷地ですね。

西日本では、熊本県の阿蘇などの山岳地帯も寒冷地になります。


年間積雪日が90日以上や、年間平均気温が10℃前後の地域を寒冷地と呼んでいます。


決まった定義はとくになく、絶対条件などはありません。

なので、外気温が0℃以下になる地域が、寒冷地と呼ばれている場合もあります。


とにかく、寒さが厳しい地域=寒冷地といいます。



●寒冷地仕様エアコンと通常エアコンの違い


次に、寒冷地仕様エアコンと通常エアコンとの違いについて解説します。

室内機については、とくに違いはありません違いがある部分は室外機にあります。


通常エアコンの場合、外気温が5℃以下になると暖房機能が落ちてしまいます。

それに対して、寒冷地仕様エアコンはマイナス15℃を超えても暖房機能は落ちません

熱交換器の表面積が大きいため、外気の熱をより多く集めることができるのです。


そして、その熱を通常より1.5倍の大容量コンプレッサーで、一気に室内機に送るので暖かさが持続できます。

外気温がマイナス15℃でも、50℃近い温風を送ることができるのです。


そのほかにも、室外機にヒーターがついているので、凍結防止や間欠運転をすることで、室外機の中に雪が入るのを防ぎます。

霜取り運転中に、暖房機能がストップしないのも寒冷地仕様エアコンの特徴です。



●寒冷地仕様エアコンのメリット3選


寒冷地仕様エアコンには、どんなメリットがあるのか見てみましょう。


1. 手間がかからない


まず1つ目は「手間がかからない」です。

エアコンなので、電気で動いてくれて、自動お掃除機能がついていて、1年中出しっ放しでもOKなんです。


今までの寒冷地では、石油ストーブやファンヒーターを暖房として使うことが普通でした。

しかし、


● 灯油を入れるのが手間

● 冬が終わったら掃除するのが手間

● 夏は使わないので片付けが手間


と、手間のかかることだらけでした。


エアコンにするだけで、ここまでの手間がはぶけるのは助かりますね。



2. 灯油よりコスパがよい


2つ目は「灯油よりコスパがよい」です。

よくエアコンは電気代が高いって聞きますが、実は灯油ってめちゃくちゃ高いって知ってましたか?

夏場のクーラーより、明らかに冬場の灯油代の方が高いのです。


なぜクーラーの方が高く感じるのかというと、電気代は1ヶ月で請求が来るからなんです。

それに対して、灯油代は1回ずつ支払いをするのが普通ですよね。

そこを1ヶ月で考えると、めちゃくちゃ高くなっているので、一度見直すことをおすすめします。


最近のエアコンでは、いろいろなセンサーもついるので効率的に運転し、電気代も安くなっているんですよ。



3. 快適環境を保てる


3つ目は「快適環境を保てる」です。

エアコンが環境を管理してくれるので、暑くなりすぎることがなくなります。


先ほども触れましたが、最近のエアコンには、温度センサーや人感センサーがついています。一度設定すれば、あとはエアコンが勝手に管理してくれるのです。

人を感知すれば、風がいかないようにしてくれたり、温度が上がりすぎたら室温を調整してくれます。


スマホ対応機種もあり、外出先から電源を入れることができるので、帰ってきても暖かい部屋が出迎えてくれます。

子どもが寝ている部屋でも、温度管理をしてくれるので起こす心配もなくなりますね。



●寒冷地仕様エアコンのデメリット2選


寒冷地仕様エアコンには、どんなデメリットがあるのか見てみましょう。


1. 価格が高い


まず1つ目は「価格が高い」です。

エアコンを取り付けるとなると、本体だけ買っても使えるようにはなりません。

工事が必要になってくるので、どうしても価格が高くなってしまいます。


しかし、価格だけにフォーカスしてしまっては本末転倒です。


● 性能はどうなのか?

● ランニングコストはどうなのか?

● 管理する手間はどうなのか?


総合的に見ることで、価格が高いのもうなずけるのではないでしょうか。



2. 乾燥する


2つ目は「乾燥する」です。

どうしてもエアコンを運転させると、空気が乾燥してしまいます。

そんなときは、加湿器を使って解決しましょう。


加湿器を運転させることによって、お部屋の乾燥を防げます。

しっかり加湿することによって、インフルエンザウイルスの予防にも役立ちます。


加湿器を使って、乾燥もウイルスも防止しましょう。



●「寒冷地仕様エアコンとは」まとめ


今回は「寒冷地仕様エアコンとは」について解説しました。

最近では、寒冷地でも真夏日を超える日が多くなってきて、その影響でエアコンをつける家庭が多くなっているみたいです。


エアコンに変えることで、今までの暖房器具では、灯油を入れたり、掃除をしたり、片付けをしたりと手間だったことを解決できます。

最新のエアコンでは、温度管理・自動掃除機能といった便利機能もついています。


少々価格が高いことが気になりますが、いろいろな機能のことを考えればうなずけると思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


弊社YouTubeチャンネルでもお話しさせてもらっています。

ぜひご覧ください。



エアコンのご購入から取り付け工事等をご検討のかたはお気軽にご相談ください。



菜花空調HP

https://www.nabana-kuuchou.com


施工事例や保有資格もこちらへ掲載しております。

https://www.nabana-kuuchou.com/showcase

https://www.nabana-kuuchou.com/license


<お電話でのお問い合わせ>

0800-800-4787(通話料無料)