年末大掃除の極意、教えます! ~キッチン編~

 

皆さんこんにちは、宮城県仙台市を中心にエアコン・空調工事、水まわりのリフォームやガス工事を行なっている株式会社菜花空調です。


今回は年末の大掃除に使えるキッチンクリーニングの方法をご紹介します。クリーニングの際には、はじめにガスの元栓や電気などのスイッチ類をOFFにし、窓を開けるか換気扇を使用して換気を良くすることを忘れないでくださいね。



■まずはガスレンジ



こびりつき汚れはヘラや割り箸などで削り落とします。残った汚れのために、40℃~50℃のお湯に酸素系漂白剤を表示通り入れた漂白溶液を作りましょう。五徳や網など取り外せるもの全てを、シンクに張った溶液に15~20分浸け、それ以外は固く絞った布巾に漂白剤溶液か油汚れ用洗剤をつけて汚れを拭きます(アルミの変色にご注意ください)。しつこい汚れには漂白剤溶液や油汚れ用洗剤を塗り、上からラップをかぶせて10~15分放置します。焼け焦げなどは、水で湿らせた石けんつきスチールウールで擦り落としてください。いずれも最後は水洗いか水拭きし、サビないようよく乾燥させましょう。



■IHクッキングヒーターには



水拭きで取れない汚れには、湿らせた布巾に油汚れ用洗剤か、水で湿らせたIH用スポンジに台所用洗剤(中性)か、水で湿らせたジーンズ素材にクリームクレンザーをつけて擦りましょう。焼け焦げには、油汚れ用洗剤をスプレー後、ラップを貼り付け10~15分放置した後、水拭きと乾拭きで仕上げます。



■流し台と排水口はシンクを仕上げに



水で湿らせたスポンジかブラシに台所洗剤をつけて、排水口まわりの外せるパーツと排水口のトラップ内部を擦り、水で流します。外せるパーツは先述の漂白剤溶液に全てを浸け入れて5分放置ののち流水で洗い、乾いた布巾でシンクを拭いて仕上げます。



■流し台下の埃とカビに



掃除機で内部の埃を吸い取り、内部や扉は水拭きします。汚れが取れない場合は固く絞った布巾に住まいの洗剤をスプレーして拭きます。カビには、ゴム手袋をしてカット綿や綿棒でカビ取り剤や塩素系漂白剤の原液を塗り、10分放置します(塩素系と酸性の液剤は同時使用しないでください)。その後全て水拭きし、よく乾燥させれば終了です!



1年の汚れにさよならした後は、これを機会に大掃除なしでも清潔に保てるキッチンについて考えてみませんか? 菜花空調が取り扱う各種メーカーのキッチンにはお掃除が簡単な最新モデルも多数あります。キッチン関連のお悩みなら、ぜひ当社にご相談ください!


<メールでのお問い合わせ>

http://contact.nabana-kuuchou.com/


<お電話でのお問い合わせ>

0800-800-4787(通話料無料)



LINE@で、最新チラシや割引情報など、お得な情報を随時配信しています。

友だち登録してくれた方にはさらに、「お得なクーポン」をプレゼント中!

ぜひ友だち登録してください。


▼スマホの人は下記のURLをタップ

https://line.me/R/ti/p/%40tha9118d


▼ID検索でのご追加はこちらから!

@nabana-kuuchou