洗濯機と乾燥機を別にするメリットとは? おすすめの乾燥機「乾太くん」も紹介

皆さんこんにちは。

宮城県塩竈市を拠点に、エアコンやガス給湯器の販売・取付工事を行っている株式会社菜花空調です。


天気が悪く洗濯物がなかなか乾かない日は、乾燥機があると大変便利です。人気が高いのは、洗濯機と一体になったドラム式洗濯乾燥機ですが、乾燥機と縦型洗濯機を別々に用意するスタイルもメリットが多いことをご存知でしょうか。ここでは、洗濯機と乾燥機を別にするメリットや、おすすめの乾燥機をご紹介します。




■洗濯機と乾燥機を別にするメリット



洗濯機と乾燥機を別々に用意するメリットとしてまず挙げられるのは、乾燥にかかる時間が短いことです。ドラム式の洗濯乾燥機の場合、十分に乾燥させようとすると3時間程度かかりますが、独立した乾燥機であれば2時間程度で仕上がります。この差は決して小さくありません。


また、洗濯機と乾燥機が独立していると、それぞれを同時に動かすことができます。ドラム式は洗濯~乾燥を1台で一気にできるのが魅力ですが、逆にいうと洗濯中は乾燥機能が、乾燥中は洗濯機能が使えません。家族の人数が多くて洗濯を複数回に分けているご家庭や、急な洗濯・乾燥に対応したい場合は、洗濯機と乾燥機が別になっている方が便利です。


さらに、購入コストも別々の方が安く抑えられます。「1台にまとまっている方が安いのでは?」と思うかもしれませんが、ドラム式洗濯乾燥機の相場は20万円台前半~30万円程度。それに対し、縦型洗濯機は10万円前後、乾燥機は5万円~8万円程度ですから、合わせても15万円~18万円程度で済みます。ドラム式は人気と性能が高い分、値段も高いのです。


そして、洗濯機と乾燥機が別々だとメンテナンスも楽! ドラム式洗濯乾燥機は構造が複雑なのでフィルターの掃除が難しいのですが、独立した乾燥機なら自分で簡単に行えます。構造の簡素さゆえに故障もしにくく、万が一故障してもそれほど高くない+片方の買い替えで済むので、お財布へのダメージも最小限です。




■乾燥機はリンナイの「乾太くん」で決まり!


参照:リンナイ


乾燥機は多数の製品が発売されているので、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも多いでしょう。そんな方に菜花空調がおすすめしているのは、リンナイのガス衣類乾燥機「乾太くん」です。


乾太くんのメリットは、とにかくパワフルであること。5kgの洗濯物なら約52分、8kgの洗濯物でも約80分と、電気式の約1/3という短時間で乾燥させられます。気になるのはガス代ですが、1回の乾燥コストは5kgで63円、8kgで102円と大変低コスト。1ヶ月毎日5kgの洗濯物を乾かしても、約1950円と経済的です。


また、乾燥機だと気になりがちな生乾き臭もカット。80℃以上のパワフル温風で、臭いの原因となる「モラクセラ菌」の発育を抑制するため、外干しや日光消毒で除去できない臭いすら取り除きます。菌の除去率は驚異の99.9%です。湿気も本体上部の排湿筒から屋外に放出されるので、室内にこもることはありません。


参照:リンナイ


加えて、仕上がりの心地よさも抜群。大容量のドラムで強い温風を送って乾燥させるため、まるで新品のタオルのように繊維が根元から立ち上がり、ふんわりやわらかになります。詳しい性能は以前の記事でもご紹介しておりますので、ぜひご一読ください。(https://www.nabana-kuuchou.com/blog/category6/120768




■乾太くんの設置のご依頼は、塩竈市の菜花空調へ


乾太くんを設置する時は、プロパンガス、都市ガスのいずれかが必要となります。そのための配管に加え、場所や配線といった環境の事前確認も必須です。特にマンションでは、一戸建てに比べて必要条件がやや増えるので、注意しなければなりません。設置したい時は、まず専門業者に相談してご自宅の環境を調べてもらいましょう。


菜花空調では、乾太くんの設置可否の確認から購入、工事まで一括でお任せいただけます。お見積もりは無料、お得なキャンペーンも随時行っております。乾太くんの設置やそのためのリフォームをご検討の際は、菜花空調までお気軽にご相談ください。


写真参照:リンナイ