放置しているレンジフードは交換を! 最新型は高性能でメリット豊富です

 

皆さんこんにちは。

宮城県塩竈市を拠点に、エアコンやガス給湯器の販売・取付工事を行っている株式会社菜花空調です。


調理中の油煙や水蒸気、ニオイなどを排出してくれるレンジフードは、キッチンに欠かせない設備のひとつです。しかし、それゆえに汚れやすく劣化も早く、掃除が面倒で放置していたらある日突然故障……というケースも多いでしょう。


そこで、古くて使いにくいレンジフードは、最新型に交換するのがおすすめです。ここではレンジフードの耐用年数や、最新のレンジフードの特徴をご紹介します。




■レンジフードの耐用年数はどのくらい?



一般的なレンジフードの耐用年数(寿命)は、10年~15年程度とされています。ただ、ほぼ毎日使用する上に過酷な環境にさらされやすい設備なので、実際にはこれより短い期間で故障してしまうことも珍しくありません。面倒に感じてお手入れをあまりしていなかった場合は、さらに劣化が早くなります。


交換時期を知らせるサインは、運転中の異音や激しい振動などです。また、室内にニオイや煙がこもるなど、明らかに排気能力が落ちている場合も、やはり交換を検討しなければなりません。もし故障して使えなくなれば、キッチンの環境が非常に悪くなってしまうので、早めに対応しましょう。




■最新のレンジフードは省エネでお手入れしやすい



古いレンジフードでも不具合なく使えている場合、「とりあえず故障するまでこれでいいか」と考える方もいると思われます。しかし、耐用年数を過ぎているのであれば、家事を楽にする意味でもレンジフードを買い換えた方がいいでしょう。なぜなら、最新のレンジフードは10年前~15年前に比べて大きく進化しているからです。


たとえば、レンジフードのフィルタの掃除はとても面倒なものですが、最近はフィルタをなくした「ノンフィルタ」が主流になってきています。おかげで、昔のモデルに比べてお掃除がとても楽になりました。省エネ性能もアップしていますし、音もとても静かです。


また、換気扇の強さ調節機能やタイマー、自動洗浄機能など、さまざまな機能を備えた高性能レンジフードも多数登場しています。早めに買い換えれば、家事の負担をグッと減らしてくれるでしょう。ぜひ最新の製品をチェックしてみてください。



■レンジフードは目的に合わせて選びましょう



一口にレンジフードといっても、実はいろいろな種類があります。もし買い換えるのであれば、目的に合ったものを選ぶのが望ましいでしょう。レンジフード選びにおいて重要なポイントとなるのは、「ファン」と「形」です。


ファンの種類は大きく分けて、「静かなシロッコファン」「パワフルなターボファン」「取り付けが簡単なプロペラファン」があります。これは使用する環境やキッチンの間取り、住宅のタイプなどによって選ぶといいでしょう。


また、形は「スリム型」「ブーツ型」「薄型(フラット型)」があります。スリム型はお手入れがしやすいこと、ブーツ型は煙を集めやすいこと、薄型は省スペースであることが特徴です。よく比較検討し、ご自宅に合う形で必要な機能を備えたものを選びましょう。



菜花空調では、水まわり全般のリフォームに対応しております。レンジフードの施工実績も豊富で、キッチンの環境や間取り、お客様のご要望に応じた最適な製品をご提案可能です。お見積もりは無料、お得なキャンペーンも随時行っております。レンジフードのリフォームをご検討の際は、菜花空調までお気軽にご相談ください。