業務用エアコンリースの良いところ、悪いところ。

 

業務用エアコンの設置や入れ替えを検討する場合、業務用エアコンを「購入」する方法と「リース」をする方法があります。


購入ではなくリース契約をする場合のメリット・デメリットとは一体何でしょうか。



●リース契約の一番のメリットは…導入時の初期コストが低く抑えられる!


業務用エアコンは、一般的なルームエアコンに比べて機能・性能・サイズともに”大きな”エアコンになります。


広い空間や様々な環境に設置するため、特殊な機能や形態によって、種類やサイズも異なってきます。


当然ながら単価も高くなり、広い空間や多くの箇所に設置すると導入コストは跳ね上がります。


そこで、定額のリース契約にすればランニングコストはかかりますが、初期投資を抑えられるので資金面において大きなメリットになります。




●リース料は経費で処理できます


当然ながら、毎月のリース料金は経費として処理できます。勘定科目は「リース料」となるので、一括購入の場合に固定資産税として複数年に分散する減価償却を行う必要がありません。



●耐用年数を考慮した運用で、安定的に最新の機種を使用できる


購入したエアコンの場合、壊れるまでは使用することになるので、古くなり性能が落ちてくる可能性があります。各メーカーから新機種が開発、投入されると様々な付加価値や機能が追加されて便利になったり省エネ効果でコスパもよくなったりします。

リース契約であれば、ある程度の年数使用した後に新しいものに入れ替える場合もスムーズになります。




●業務用エアコンリースのデメリットとは


リースの総額は高くなる!?


リース契約のメリットとして挙げた月々の固定料金で初期費用を安く抑えることが可能な反面、リース代金には手数料や保険料、金利、リース会社の固定資産税なども含まれており、クレジットローンのように、トータルでは一括購入よりも多く支払うことになります。


また、中途解約ができない(3~7年の契約が一般的)、資産にならないなどの点もありますので、どちらが良いか経営的な判断の上で検討する必要があります。



<業務用エアコン専門のホームページ>

「空調設備.com」

https://gyoumuyou.ac.nabana-kuuchou.com


<メールでのお問い合わせ>

https://gyoumuyou.ac.nabana-kuuchou.com/form.php?fN=frm1597307272


<お電話でのお問い合わせ>

0800-800-4787(通話料無料)


<配管工事はここがおすすめ!仙台の優良業者ランキング5社!>

菜花空調は仙台で配管工事やプラント工事を依頼できる会社はココにて

ランキング3位になりました

https://gaskyutouki-sendai.info/ranking/nabana-kuuchou


+ + + + + + +

LINE@で、最新チラシや割引情報など、お得な情報を随時配信しています。

友だち登録してくれた方にはさらに、「お得なクーポン」をプレゼント中!

ぜひ友だち登録してください。


▼スマホの人は下記のURLをタップ

https://line.me/R/ti/p/%40tha9118d


▼ID検索でのご追加はこちらから!

@nabana-kuuchou